マンションを売るための不動産会社との契約種類とオススメ

マンションを売ろう!と決めて、最初に行ったのが不動産会社。

不動産会社に売るではなく、不動産会社に買ってくれる人を探して仲介をしてもらう、という事になります。

※まれに不動産を買い集めている不動産会社もいます。

 

不動産会社に買う人を探してもらおう!としても、まずは不動産会社とどういう契約をするか決める必要があります。

契約の種類は2種類。

 

・専任媒介契約

不動産会社1社だけにお願いをする契約。

契約期間中の3か月は、他社に仲介してもらうことはできません。

 

・一般媒介契約

複数の不動産会社にお願いをする契約。

複数の不動産会社が買う人を探してくれるので、たくさんの人を探してもらう事ができます。

 

私は最初は一般媒介契約で、3社の不動産会社にお願いをしました。

しかし。。。

2週間に1回の状況報告を全部見るのは大変!さらにそれほど買いたい人が来ない(涙)

いや~、盲点でしたね、

個人的には1社にお願いするよりも、たくさんの不動産会社を通した方が、より効率的に探せると思ったんですが。。。

最近では、売りたい家の情報を複数の不動産サイトに載せるのが一般的。

でも、一般媒介契約した不動産会社はどこも1サイトか2サイトにしか載せてません。

マンションの情報をもっといろんなサイトに載せるとかできないんですか?と聞いたら、「一般媒介契約ではそこまで広告費をかけれないので無理です。専任媒介契約ならできるんですが。。。」。

確かに不動産会社からしたら、サイトに情報を載せるのもタダではないのに、他社に持ってかれたら赤字ですもんね。嫌がる理由はよくわかります。

 

結局3か月たっても売れなかったので、3社のうちもっとも信頼できそうな会社と専任媒介契約をしました。

すると、いろいろなサイトに載せたり営業を頑張ってくれて(一般媒介契約とは段違い)、あっという間に売ることができました。

 

私は一般媒介契約よりも専任媒介契約の方がオススメですね。

ただし、信頼できる不動産会社を知っている事が大前提ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です